★IPHONE INFORMATION★

iPhoneの使い方や基本的な操作、修理やトラブルなどさまざまな情報を提供します!!

*

iPhoneのリセット項目をすべて解説!!不具合も解消できる!!

      2015/12/16

スポンサーリンク

スクリーンショット 2015-12-14 21.59.38

今日はiPhoneが一時的なエラーや不具合を起こした時やデータの削除をする際に使う「リセット項目」についてかいていきたいと思います。リセットと聞くと「全部きえるんじゃないの?」って普通は心配になりますよね??
何がリセットされるのかあらかじめ知識として知っておけば怖くないし、一時的な症状もすぐ改善できる可能性が高いので是非ご紹介しておきたいと思います!

 

リセット画面

設定>一般>リセットと入っていくとこのような画面になります。

スクリーンショット 2015-12-14 6.11.49

image1-5

スクリーンショット 2015-12-14 6.13.39この中の画面について説明していきます!!!

すべての設定をリセット

簡単に言うと、設定に関連するすべての項目のみが初期状態にリセットされます!
※写真や連絡帳のデータなどは消えないので安心してください

スクリーンショット 2015-12-14 6.16.14

よく使うリセット内容としては、具体的に以下のような項目があげられます。
(Wi-Fi 設定、着信音、位置情報の設定、画面の明るさ、機能制限、パスコードロック、指紋認証、アクセシビリティ、アラーム設定、通話音量、自動ロック時間、メールの著名・デフォルトアカウントの選択、通知センター、キーボード設定、 Siriなど
つまりiPhoneを使い始めてから追加されたデータはそのまま残し各種設定項目が買った時の状態に戻るということです!
メリットとしては急に設定していたものがきちんと動作しない時などに使用すると改善方法として有効的です。

▷すべての設定をリセットで消えない項目

  • Apple ID
  • メール、カレンダーなどのアカウント
  • アプリ、音楽、写真などのコンテンツ
  • ユーザー辞書
  • ライバシー設定(アプリから写真・連絡先等へのアクセス要求)
  • Twitter/Facebookアカウント
  • バックアップ設定
  • 自動電話転送設定
  • デフォルトカレンダー
  • iCloud同期設定
  • キーボードの変換学習

すべてのコンテンツと設定を消去

この操作でiPhoneからすべてのデータが削除され購入時と同じ状態になります。
アプリや写真・音楽なども含め、iPhoneの中身が全て買った時の状態に戻るので、端末を下取りに出す場合や別の人が使い始める場合などは、この操作で全ての情報を消しておくことが必要な場合に便利です。
また、この操作後にまた以前のように戻す場合は、iCloudまたはiTunesのバックアップを使ってデータを復元することが可能です。
端末を乗り継いだ場合や修理で交換になった場合も、この方法で中身を元通りにできますので用途として覚えておくといいですね!

スクリーンショット 2015-12-14 6.35.33

※安易におすと全部削除されるので、必ずバックアップを定期的にとること!
バックアップをして大切なデータを保存する方法

 

ネットワーク設定をリセット

Wi-Fiにつながりにくい状態が続く時などにネットワーク設定をリセットすると改善される場合があります。
※自宅など通常使う場所のWi-Fiを設定し直さなくてはならないので、必要なID・パスワードを用意しておくことが必須!

スクリーンショット 2015-12-14 6.44.18

以下ようなの症状に有効的です!

  • 圏外のままで改善されない場合
  • Wi-Fiに接続できない場合
  • Wi-Fiに接続できているものの速度が遅いなど通信状況が安定していない場合
  • bluetoothでほかの機器を認識しない時
  • iPhoneがApple Watchをなかなか認識しない時

キーボードの変換学習をリセット

iPhoneのキーボードは、予測変換機能が前回入力した単語を学習して表示してくれますが、ヘンな学習をしてしまったり、他の人に文字入力をされるといつも使っている単語がバレる等の問題もあります。「キーボードの変換学習をリセット」では、これを初期状態に戻してくれます。いつもの変換が出てこない!人に見られる場面があることが多い!という方などにはオススメの方法です。
※「ユーザー辞書」に登録した単語はリセットされませのでご安心ください

スクリーンショット 2015-12-14 6.51.15

以下のような症状の時に有効的です

・キーボードの変換が遅い時
・家族でiPhoneを共有している時
・登録している変換学習が上位表示されない時

ホーム画面のレイアウトをリセット

文字通り、ホーム画面のアイコンの並びが買ったときの状態に戻ります。後からインストールしたアプリはアルファベット順に並び替えられ、フォルダも解体されるので再度ホーム画面のカスタムが必要となります。

スクリーンショット 2015-12-14 6.54.39

ホーム画面はアプリでごちゃごちゃ。必要なアプリともう使わないアプリ、やらなくなったゲーム、便利そうだとインストールしたものの触れていないアプリはないでしょうか?
不要なアプリが溜まりすぎてiPhoneの画面が見にくい!そこに何のアプリがあるのかわからなくなった!
いっそのこと掃除をしたい!という時に便利かもしれないですね。

位置情報とプライバシーをリセット

画像系アプリでiPhoneのカメラロールの画像を読み込んだり、メッセージ系アプリでアドレス帳を読み込んだりするには、iPhone側の許可が必要です。「位置情報とプライバシーをリセット」では、各アプリに与えられたこれらの許可を一斉に削除します。これらのアプリを再度使用する場合は、起動時に表示されるポップアップ画面で情報の利用を許可することで再度設定できます。

スクリーンショット 2015-12-14 6.58.42

位置情報をリセット後に出る画面スクリーンショット 2015-12-14 7.00.53

位置情報の許可が必要になる機能を使用する時にこんな画面でてきたことありませんか?
リセット後は再度許可するだけなのでとても簡単で特に手間はありません!

 

まとめ

リセットと聞くと本当に不安ですよね!!どのような場合に行うと効果的かということを知っておけば怖いものはないので、是非知っておくべきだと思います!!
必ず定期的にバックアップは取ってくださいね!!!!


 - 設定関連 , , , , , , , , ,

 

スポンサーリンク

テスト

テスト

Comment

  1. Tommy より:

    You’re a real deep thrkien. Thanks for sharing.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です